e-Tax ソフトのアップデートで 頻繁に表示される 「セキュリティの警告」を自動でクリックする方法

毎年 e-Tax で税金関係の申請を利用していますが、起動するたびにセキュリティの警告ダイアログで「実行する」ボタンを押す必要があり、それも大量のアップデートごとに出るので面倒ですね。

KitSprocket を使えば、通常20ほどあるアップデートのセキュリティの警告ダイアログで自動的に「実行する」をクリックすることができます。

[スクリプト作成の流れ]

  1. まず e-Tax ソフトでアップデートを開始します。セキュリティの警告ダイアログがでたところでいったん放置
  2. KitSprocket のショートカットを右クリックして「管理者で実行」により起動。セットアップは「管理者」というモードで動作しているため、KitSprocket も同じ権限で動作する必要があります
  3. 以下のスクリプトをKitSprocket に入力します。
ループ開始
      ウインドウ存在確認.@chk      セキュリティの警告
      ウインドウ.chk          セキュリティの警告
      キー入力.chk           [alt+r]
ループ終了

あとは KitSprocket で「実行」ボタンをクリックすれば、セキュリティの警告ダイアログが出たタイミングで alt + R のキーが押され「実行する(R)」のボタンが押されます。

[解説]

ループ開始 ・・・  ループ終了   この文字列の間に書かれた処理を永遠に繰り返します。

ウインドウ存在確認   ABC ・・・ ABC というタイトルのウインドウが存在するかどうか確認します。確認結果はグループ識別子 という KitSprocket ならではの 文字列で判定します。.@chk という文字がそれです。chk という文字が有効か無効かという判断が入ります。@はいちばん最初のグループ宣言という意味です。

ウインドウ.chk ABC ・・・ ABC というウインドウに切り替えます。.chk というグループ識別子が 有効 な場合のみ動作します。

キー入力.chk  [alt + r] ・・・  alt キーを押しながら、R キーを押します。この場合「実行する」ボタンが押されます。 .chk が有効ならば実行されます

コメントを残す